日常の出来事のつぶやき


by tubaki-121
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:田舎( 6 )

田舎の最後の日

5月7日の金曜日
いよいよ、友達との遊びも最後になりました。
一緒にフェリーで帰ることになり、我が家を片付けるのを皆がお手伝いしてくれたので、大いに助かりました。
布団、毛布、などは皆真空パックに・・・
ジュウタンはグルグルに巻いてビニール袋で湿気が入らないようにします。
食器や鍋釜は日の当たる縁側に、これもビニール袋に入れて・・・
障子と襖も外して納戸へ・・・(なるだけ空気が対流してくれるように、外しています)
物干しも縁側に・・・
これを毎回一人で仕舞い込んでいましたが、今回はほんとに助かりました。
すべて、片付けてから、午前中最後の観光案内をさせていただきました。
日本の滝100選にも選ばれた「滝の観音」・・
a0111756_21111637.jpg

a0111756_21114681.jpg

案内してよかった!!とっても感激してくれました。
ここで、滝を見ながらのお昼ごはんでした。
山越えして佐賀大和I.Cから高速に乗りました。
途中、川上峡での「鯉のぼり」は圧巻でしたが、運転していては写真も撮れず・・残念でした。

フェリーで、翌朝、明石海峡大橋を通り過ぎる過程を撮ってみました。
そろそろ明石大橋が近づきます。
a0111756_21215630.jpg

a0111756_2122858.jpg

a0111756_21222081.jpg

a0111756_21223562.jpg

a0111756_21225131.jpg

a0111756_2123652.jpg

a0111756_21234021.jpg

a0111756_21241957.jpg

わずかな時間で橋の下を通り過ぎてしまいました。
いつ見てもこの優雅な雰囲気のある橋は見飽きません。

昨日、友達とのコーヒータイムのときでした。
皆がフェリーでは明け方まで全然眠れなかったとか・・・
エッ?  なら・・ぐっすり眠っていたのは私だけって事に?  
・・・・船の揺れは私にとっては「揺りかご」みたいなものですが、初めて乗った友達にとっては、船のエンジンの音と、揺れは睡眠の妨げになっていたようでした・・・
[PR]
by tubaki-121 | 2010-05-18 21:07 | 田舎

友人が来て2日目、

5月6日の事。
九州で2泊3日で遊ぼうと思うと、あれもこれも観光案内したい気持ちが噴出して、
せわしなく友達を引き連れまわすことになりました。
6日の木曜日は生憎雨に・・・
朝食は外でと思っていたのに、今にも降りそうな雨・・・
仕方がないから、気持ちだけ外を見ての朝食になりました。
夜中に仕込んでいた1斤半のレーズン食パン、4人で食べてしまった!美味しい~って喜んでくれました=よかった!!特に熱熱は余計美味しいです。切れないから千切って食べます。
a0111756_11314644.jpg

西有田の黒髪山麓の竜門峡に行って来ました。
a0111756_11425088.jpg

a0111756_11514658.jpg

a0111756_1152012.jpg

雨が新緑をいっそう引き立たせてくれました。
其処には1件だけ鯉料理のお店があり、お目当てはヤッパリ食べる事。
a0111756_11535137.jpg

玄関には、蹲が・・・
a0111756_11591040.jpg

旅館風の鯉料理屋さん、二人分ですが、鯉もてんこ盛りです。
肉厚で臭みなどかけらもありませんでした。また食べても食べてもまだあります。
鯉こくも美味しかったー
a0111756_126991.jpg

満足したところで、今度は肥前町のいろは島に向かって出発しました。
a0111756_1210139.jpg

日本棚田100選に選ばれている大浦の棚田です。
a0111756_1211236.jpg

おしゃべりしているヒマもありません、次から次と目を引く景色にカシャカシャとカメラの音だけが澄んだ空気に響いていくようでした。
花と冒険の島・・・海岸に寄りました。
a0111756_12183430.jpg

まだまだ案内したいところはたくさんでしたが、この日はこれでお終いにして、
最後の夜は、唐津に来たら「烏賊」です・・・
烏賊の刺身、刺身になってもまだ生きているみたいにキラキラと体から発光させていました。
a0111756_12414736.jpg

烏賊の料理旅館を出る頃にはすっかり暗くなっていました。
途中で温泉に入り、家でその日の感想を話すどころか、「ちょっとごめんね、少し横になってまた起きるね」と言ったまま爆睡・・・朝まで起きる事はありませんでした。
[PR]
by tubaki-121 | 2010-05-17 11:31 | 田舎

ようこそ・・私の村へ

5月5日、こどもの日に大阪からお友達が遊びに来てくれました。
博多駅までお迎えして、わが家の地域を早速案内することにしました。
先ずは御昼ご飯です。
夜からサラダ巻き寿司を用意して、道の駅で今朝トレトレのハマチを捌いてもらい、お友達はアワビを買い、
浜で海を見ながら食べる事にしました。
大阪生まれの大阪育ちの友達はこのサプライズを喜んでくれました
a0111756_1431550.jpg

先ずは鏡山の頂上から唐津や虹ノ松原を見学しましたが、生憎黄砂が酷くて遠くまでは見えず残念でした。
a0111756_1473691.jpg

それでも、遠くに唐津城がうっすら見えています。
a0111756_1410488.jpg

次に唐津城の藤の花を案内しました。
もう、素晴らしい~の一言で一番満開の時に来てとてもラッキーでした。
a0111756_1415280.jpg

木の根っこもハンパじゃありません。
a0111756_14191563.jpg

お城の階段も藤のシャワーでした。
a0111756_14225942.jpg

そろそろ日も傾いて来たので、温泉に浸かって貰い、美味しい海鮮料理にヤマメの塩焼きを
もうすでに日は落ちてしまっているのに、玄関の庭先でコンロを囲みながら舌鼓に余念がありませんでした。
[PR]
by tubaki-121 | 2010-05-12 14:03 | 田舎

次から次と行事が・・

30日の義両親の法事が終わってやれやれと思った次に、
今度は父の17回忌の法事が5月2日に待っていました。
そして、近所のオバサンが亡くなり、2日がタイヤだというので其処もお参りに・・・

5月3日はいとこ達が実家に集まり、焼肉大会と筍堀りです。
甥っ子達も子供を連れて参加してくれました。
a0111756_8395750.jpg

↓は以前クロちゃんがいた頃の写真です。
a0111756_8592469.jpg

誰もいなかった家に、電気が灯り、毎日家の中に新しい風が入ります。
すると、いろんな人の出入りもしだして、空き家だった家も息を吹き返したようにかんじました。
[PR]
by tubaki-121 | 2010-05-12 08:35 | 田舎

田舎生活7日目

空き家にしていた家は、掃除しても掃除しても、尽きる事が無い・・・
そして、掃除ばかりもしていられない、働いた後のお楽しみはステキなレストランでランチです。
この日は、時間が少し早かったので貸切でした。
a0111756_2146331.jpg

この間、夏日と思わせるような暑さのお陰で、座布団やシーツ、毛布、布団類、ジュータン、と干せるだけ干すことが出来ました。

今回何より助かったのは、夫が27日に着いたので、あの重たいジュウタン等を手伝って貰ったのが一番助かりました。
いつも、一人でズリズリ引っ張って日に当てていたので、(ああ~やっぱり二人と、一人は違うわ)と実感です。
a0111756_12101782.jpg

何だろう~ 玄関にじ~っと止まって何日も動きませんでした。

大きな蜂もブンブン飛んできて、キンチョールで追いかけっこでした。(この蜂・・こわかったわ~)
a0111756_21514263.jpg


そして、7日目の4月30日は、義父33回忌、義母7回忌の法事の日でもありました。
お寺で極々身近な人間ばかりで法要を行い、食事をしながら亡き父や母の思い出話がつきませんでした。
[PR]
by tubaki-121 | 2010-05-09 12:10 | 田舎

故郷に向かって、

a0111756_1444446.jpg

前方に九州門司が見えます。
a0111756_149732.jpg

いよいよ、あの橋を走れば・・・・関門橋、関門海峡を渡ると九州の土を踏むのね~

4月24日、快晴、
前日の夜に、IHコンロ、ホームベーカリーに食料品、調味料、生活道具一般、
こんな時、トヨタランクスは後ろの座席がみんな倒せてハッチになっているので相当荷物が入り助かります、

ガソリンも満タン、1500CCの車で走行およそ800キロ、満タンに入れても実家に着いた時は赤ランプが点滅していますので、たとえ5リッター減っただけでも、おろそかにはできません。
以前、高速走行中に赤ランプが付いて、ガソリンスタンドのサービスエリアに着く距離が長くて・・・ヒヤヒヤものでした。

朝の5時半に大阪を出て、実家に3時半に着きました。
いいお天気でよかったー!!

家の窓はみんな開けて、湿気臭い匂いを飛ばして!!
まず、縁側を大掃除・・・そこへ荷物を全部降ろして、・・・・

次に、居間とトイレと洗面所の大掃除です、ココだけは畳からフローリングにリフオームにしてよかった。
風を通して、拭き掃除をすれば、さっぱりと気持ちがいい・・・

後はゆっくり温泉に入る楽しみが待っているだけ・・・

自分に「おつかれさま~」でした・・
[PR]
by tubaki-121 | 2010-05-08 14:04 | 田舎